タログぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

20130117


思い出すとやっぱり、飛んでいた広い空に疼いたり体の中を血がドクドクと流れるのを感じたり。高まる。羨む。
そういえば、あんなに高くて広い空があって、でも見えなくなっていたんだな。狭くて低い空ばかり飛んでいた気がする。
地面を歩く今、いろんな空が目の奥の方に飛び込んでくる。
スポンサーサイト
    12:06 | Comment : 3 | Top


全力で走ったりチャリンコでとばしたりするのが好きだと思っていたけど、このところ自分は徒然と歩き続けることが好きなことに気付いた。<style><!--
.ExternalClass .ecxhmmessage P
{padding:0px;}
.ExternalClass body.ecxhmmessage
{font-size:10pt;font-family:\0030e1\0030a4\0030ea\0030aa;}

--></style>
    00:46 | Comment : 1 | Top

チャムシマンニョン


自分は人より少し強くて、外の国でも一人旅でもへーきですなんてことを思ったりしていたわけですが、小林は決して特別に強かったりするわけじゃなく、でもたくさんの人に囲まれて支えられて愛されて、だからいっつも一人ではなく、周りには仲間や大事な人たちがいつもいて、それは物質的なものではなくて、精神的というのでしょうか、霊的と言うのでしょうか、時にぽっかり空いてしまうような心の隙間はいつもいろんな人たちが満たしてくれていて、僕は自分で気付かぬ内に、あらゆる人たちによって強く生かされていたんだと、そう思うのです。
小林はただ小林であるわけではなくて、小林と小林を取り囲むすべての人たちによって小林と成り得るんだと思うんです。それは決して忘れてはいけなくて、それを忘れてしまったとき、僕は自分が何者なのかってことを見失ってしまうんだろう。

何が起こっても笑顔を振りまいて前に進んで行くような、そういう強くて大きい人になりたいな。
    01:41 | Comment : 3 | Top

しんしんと・・・

長くお会いしていなかった人に会い、ちょこっとお話なんかもして・・・

そして、もうちっと頻繁に真面目に、ちゃんとブログ書かなきゃなって思ったわけです。

このブログは、小林が大学を卒業して以来思ったことをできるだけ思いつきのままにつづってきたのですが、自分がしている仕事や携わっているパラグライダー用品についてもたまに書いていこうと思うんです。
ってゆーとなんだか宣伝みたいになりそうで嫌だったんですが、今の小林の生活の大部分が仕事なので、それ以外に書くことがなかなか無いと言うわけです。

なぁ~んつってまたなかなか更新しなかったりして~ :)
    12:45 | Comment : 1 | Top

コロンビアの「ア」はアミ~ゴの「ア」





FLY GIN!!

コロンビアでのPWCが終わりまして、そしてGINチームパイロットのミハエル・シーゲル君が優勝しました。

彼だけでなく、今回GINの新しい2ライングライダーで参戦したパイロット達は、それぞれのレースで良い成績を残してくれました。

自分達が開発に取り組んできたグライダーでチームパイロットが良いフライトをしてくれること、そのグライダーの仕上がり具合に喜んでくれ飛ぶことにワクワクを感じてくれることは、Gin Glidersの社員としてすごく嬉しいことなんです。

それは例えばコンペティションに限らず、パラグライダーを始めたばかりの人であれ、空に浮かぶことを純粋に楽しむ人であれ、自分達が作り上げた翼によっていろんな人たちが新鮮なワクワクを感じてくれるってことは、自分達にとって仕事に没頭する1番のエネルギーとなっているんです。

今回のPWCでパイロット達が見せてくれた笑顔や活き活きした目は、次への大きなエネルギーになったと感じるわけです。 自分達のグライダーにも確かな手応えを感じることができ、細かな修正点も見つけることができ、先に繋がる大切な時間を過ごせたと感じています。


ですけども、一方ではですね、やはり、小林も大会に参加しているわけでして、成立した6本のレースは、どれを見ても小林にとってパッとせず、wao!!ってワクワクさせるような報告ができなかったことはふがいなく思うわけですが、今の小林がしっかり再確認できたので、また前をみて飛びはね回ろうと思っております。

自分達の仕事と自分のフライトに没頭しはしゃぎまわることで、たくさんの人がワクワクするようなモノを創り上げていけるような人間になっていけたらいいなぁ。


2週間だけの夏は終わり、小林は極寒の韓国へ戻ります。冬ってわりと好きです、小林は。
    10:33 | Comment : 0 | Top

コロンビアの「コ」はコーヒーの「コ」

小林は今、PWCコロンビアに参戦しています。今回GinGlidersからは小林のみ、1人で参戦しています。思えば一人で大会に参戦と言うのは初めてではないだろうか。
今日までに4つのタスクが成立していますが、小林はなかなか、なかなか、思うように自分らしいフライトが出来ずにいます。まだまだやるべきことや、成長すべきところが盛りだくさんでして、今は目の前のことをこなしていくことに必死な小林ですが、まだまだやるべきことがあること、成長していけること、あとこの先自分がどんなモンになっていけるのかに好奇心をもって、ニヤッと笑って前に進んで行きたいと思います。
ナントアバウトデツカミドコロノナイナイヨウナンダロウカ。
    11:54 | Comment : 0 | Top

akemasite


あけましておめでとうございます。正月なんてものも無く、小林はいつもと変わらない日々です、黙々です、淡々です。
今年は小林にとって、黙々と成長していくための年になるのではないだろうかと思っています。大きなものを作り上げていけるように、虎視眈々と今を生きて行こうと思います。
2011年もワクワクに満ち溢れた年にしたいなぁ。見守ってくれる人達にも鳥肌のたつようなワクワクを感じてもらえるようなことをしてやりますです!
    11:01 | Comment : 0 | Top

no title


チャリ通勤始めましたって言うなんのこた~ないことなんですけどね。

ところが韓国の冬が本格的に猛威を振るい始めている今、肌を切るような冷たい風も、なんの切られてなるものかと逆にその風を切って自転車を走らせる小林は、「この子へーきだろうか?」問ういう感じで会社の仲間達に見守られています。
極寒のチャリ通、きっとこの経験を経て小林はまたひとつ成長し、大人になっていくんです。大人はみんな必ずチャリ通を経験しているんです。まして極寒のチャリ通を乗り越えることができたならば、きっともっともっと大きな大人大大人になれる気がする。
いや、きっとこれくらいの寒さは極寒なんていわない、寒だ、プチ寒だ、むしろ暖だ、極暖だ、熱くて逆に大変だ。そうだ、時折目にする凍結した水溜りは実は凍結ではなく蜃気楼なんだ。。。


まあそんなことを考えながらのチャリ通はけっこう楽しいです。
ちょっとした一人遊びの時間というのでしょうか。


あ、自転車の写真撮っとかないとな。。。
    21:12 | Comment : 0 | Top
プロフィール

管理人テラ。

  • Author:管理人テラ。
  • タロ~を応援するページです。
    タロちゃんのおフランスレポートを載せます。
    応援メッセージなど書き込んで下さい!!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。