タログぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

バリカンさん。

昨晩小林は、この旅度目の坊主にトライしました。
失恋、気持ちの切り替えといった特別な理由はありません。
お風呂で頭を洗っていた時に、「刈っちゃお。」ただそう思っただけ。
今回はバリカンさんを右手に持ち、自分での断髪、初体験です。

髪を刈ったり切ったりって、なんだか気持ちいい。
で、人の髪を刈ることは足尾で何度かあったけど、自分の髪を刈るのってなんだかま
た違った感じがした。
右半分を刈って鏡を見たら、明らかに変わった自分の姿になんだかすっきり、全部刈
り終わるとさらにすっきり。
足尾でスキンヘッドにしていた山下さん、ある日僕は、山下さんの坊主具合がいつも
よりも激しいことに気付いた。
おそらく髪の長さを調節するソケット無しで刈ったのだろう、まさにスキンヘッド
だった。
山下さん「日本だと抵抗あるけど、海外とかよく行ってるとスキンヘッドへの抵抗は
無くなるんだよ。たろーちゃんもスキンヘッドにしよーぜ。」
小林「いやいやいやいや。」

自分で髪を刈る小林は、山下さんの言葉を思い出した。
そういえば今の僕は、坊主にすることに何の抵抗も意味も感じないなぁ。
海外に来たからかどうかはわからないけど。

と、言うことでみんなも坊主にしてみたらどうだろう、きどさんや宮田さんの坊主見
てみたいな。
坊主にした小林の右即頭部にはあごちゃんとの友情の証がくっきり。
あごちゃんも坊主、してみれば?
ちなみにこの友情の証(傷跡)も気にならなくなり、あえてこの部分にソケット無し
のバリカンさんでラインをいれてみました。

ところで昨日、コルテルがレユニオン島に旅立ちました。
彼は小林ハーネスがほしいみたいなので、僕はこれからもう1つハーネスを造りま
す。
こんどはS、こないだのはMで僕にはちょと大きめなんです。

スポンサーサイト
    17:15 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

ZATOICHI。

昨日の夜、フランスでできた友達の家に行きました。
ディナーはメキシカン、タコスみたいな物を作ってくれました。
味はトレビアン!小林はフレンチよりもメキシカンの方が好きみたいだ。
デザートは急遽小林の担当になったので、友達の家に行く前にタルトの生地と洋ナシ
を買った。

このタルト生地、とても便利。
キッチンペーパーに丸く伸ばしたたると生地が、くるっと巻かれて細長い箱に入って
売られているんです。
だから、容器にこの生地をひいて切った洋ナシをのっけて、シナモンやらチョコやら
砂糖やら・・・をテキトーにかけてオーブンに入れる。
フランスのほとんどの家にはオーブンがある、これがなかなか便利で、いろんな物を
まるごと料理できるんです。
よく見るのはチキンかな。
まあ、そんなこんなでディナーはとても美味しかったのですが、この日のメインは
ディナーではない。
この日は集まった5人(みんな男子、みんな35歳以上)で、映画を見たんです。

と言っても僕はフランス語が・・・イマイチ、イマニ・・・
と言うことで、この友達は日本映画を入手してくれたのです!
日本語のオリジナルにフランス語字幕がついたものでした。
タイトルは「座頭市」、北野武監督のやつ。
映画を見て、同じところで笑い合ったりできるのは、なんだかとてもうれしかった。

だって普段のディナーはほとんどフランス語、フランス人は話が好きで延々と話しつ
づけ、よく笑う。
僕はほとんど意味がわからず、なんとな~く話がわかっても思いっきり笑えないんで
す、理解するのにいっぱいいっぱいで。

というわけで、昨晩は楽しい夜となった。
Merci mon ami!

    01:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

おわぁ~~~!?

200510260603004
200510260603002
20051026060300
小林ハーネスできましたよー!
背中には小林ハーネスのロゴも。
ん~~~~・・・悪くないねぇ~。

ポケットのふたを、余っていた緑の生地にしたのは失敗、コルテラ:「This green
is not so good.」小林:「ん、It's bad!」コルテラも僕も笑ってしまいました。
とはいえ、なかなかのできにコルテラはビツクリ、「ホントに日本に帰るつもりか?
ミー(コルテラ)と一緒に働きたくないのか?」と言ってくれました。
「ビザがね・・・」
一応予定していた物ができたけど、完成とは言えません。
これからまた改良、と言うことですでにまたバラしました。

コルテラは「もう一個作れるな、まだ1ヶ月ある、うんうん。」とも言ってました。
で、もう少し小さいのを作るかも。
今週の金曜から3週間、コルテラは出かけてしまうのでちょと心細いな・・・

あ、そうそう、今朝Maxが帰ってきました。
池田山の大会の後は、ジンさんと一緒に韓国で新しいグライダーのテストをしていた
そうです。
空港からの車中・・・
Max:「来年も池田山に行って、来年の分と今年の持ち越し分の賞金をとってや
る!」
小林:「来年は僕が勝って賞金をとる、Maxは2位だね。」
Max:「ノン!ミー(Max)が1位だ。」
小林:「ノンノン!僕が1位だよ。」・・・
と、どこかで聞いたような会話がしばらく続きました。

えぇ~と、ハーネスの話でした。
と、いうことで、まだまだハーネス造りは続きます。
あ、クピカはなんとなく終わっていきました。

    06:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ウルルン。

200510190503012
20051019050301
「世界ウルルン滞在記」って知ってますか?
日曜の夜に6chでやってるTV番組でし。

どんな番組かといいうと・・・
「例えばフランスのテレビクルーが日本に来て富士山と芸者と秋葉原をロケしたとし
てそれが日本を撮ったことになるでしょうか?今までのテレビはあまりに絵ハガキ的
取材か悲惨な報道が多かったように思います。世界にはいろいろな人がいて、様々な
生活を送っています。ウルルンは世界の日常を撮りたいと思っています。
『世界ウルルン滞在記』プロデューサー 白井 博」
だそうです。
若いタレントさんとかが、いろんな国のいろんな生活を体験するドキュメント、たま
にその生活独特なことをクイズにするって感じかな。
知ってる人もけっこういるのでは?
ちなみに僕の母は良く見ています。

パラグライダーのメッカ、フランスに来ていろんな体験をしている小林、この番組に
もってこいですじゃん!
と、思いませんか?僕は思ったんですが。
クイズにできることもいっぱいあるし。

タイトルをつけるなら・・・
「本場フランス、モンブランのハーネス職人にぃ~、一般人小林泰がぁ~、出合っ
たぁ~。」
・・・悪くないねぇ~。

まあ、ちょっとした思いつだけど。

    05:03 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top

アクロ、再び。

この週末は、再びアクロのセミナーを受けにANNECYへ。
今回は土日の2日間、晴天でした。

今回覚えたのはSATです。
導入から離脱まで、ほぼ完璧(~~)v
SATはぐるぐるまわるだけ、内翼のブレークを引き過ぎると片翼だけ失速したり、不
十分な引き込みだとディープスパイラルに入ってすごい勢いで降下するけど、安定し
てSATを続けられるポイントをつかめばわりと簡単。
でも、SATの状態ではブレークが激しく重い!
「なんじゃこりゃぁ!!」小林の初SATの感想です。
こりゃ~もっと筋トレが必要です、ホントに。

それから、ウィングオーバーとアシメトリックスパイラル、これもほぼできるよう
に。
後は自分で反復練習、完璧にマスターすればルーピングもできるようになるはず。

課題はフルストールとテールスライド。
安定したストール状態を持続できないのです。

と、マニアックな話ですね、何が言いたいのかというと、「小林は技術的に上達しま
した。」です。
また、パラグライダーの動きを理論的に理解することもできました。
今回の先生は、デビットとフランソワ、どちらもアクロの世界では有名で、アクロの
大会ではよく審査員なんかをしています。
アクロを安全に教えるために、感覚的に理解されていたグライダーの動きを理論的に
分析、解析した彼らの知識は素晴らしい物で、自分の技術の向上と同時に、人への教
え方も勉強できました。

    23:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

おおおぉぉぉ!!?
















これ!僕の作ったやつ!!
もう座れます、飛ぶこともできますよ!プロテクションと緊急パラシュート無しでなら。

できばえは、「お、いいじゃん。」という感じです。
社長(コルテラ)もすぐに試着、「悪くないねぇ~。」と好感触。
いくつか新しい試みもあって、完成が楽しみです。

しかぁーし!!
これからが一番大変なんです。
外観のデザインは自由すぎてなかなか進まないんです。
社長も、「これからが大変だな(ニヤリ)。」と嬉しそう。
もちろん大変なぶん楽しくてやりがいがあります。
デザイナー小林、やってやりますです。

    06:39 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

やすし。
















フランスで僕の名前が商品に!
その名も「泰ボディーソープ」!!

僕も有名になったなぁ。
なんちゃって~。

「泰」は穏やかとか平穏とか、平和的な意味を持っています。
英語にするとPeacefulとかQuietかな?
癒しっぽい意味でこの字が使われたのでしょう。

名前にはんして、小林は負けず嫌いでよくはしゃぐ・・・
「落ち着きが無い」ってのがよく当てはまるのかなぁ、よく先生に注意されたし。
癒しとはほど遠いでし。

ちなみに、、、「敦」は「誠のあること、手厚いこと」、あつしくんに会うと必ず痛い思いをするのは手厚いもてなし?
「とつても大きい」という意味はこの字には無いようです。

ひろゆきの「博」は「あまねくゆきわたること、知識が広いこと」。「なるほど、当てはまってるね・・・と、誉めるとわりとすぐ調子に乗る」という意味は無いようだよ。

「敏」は「頭のはたらきや行動のすばやいこと」。なるほど、でも「~かも・・・」っていう意味は無いみたいですよ、きどさん。

「歩」・・・ん~、「男のロマン」という意味は無いですよねぇ、ゆきさん?

おっと~、だいぶ身内ネタになってしまった。
リクエストがあれば他の人の名前も調べますよ~。あは。

    03:54 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

僕のシゴト。




















今日は僕の仕事をちょこっと紹介。
ハーネスの肩ベルト足ベルトがひらひらしないように使われるゴムのわっかリュック
サックなんかにもよくついてるわっか。
これを作るのも小林のお仕事。

まずはなが~いゴムのロールを6cmくらいに切ります、ひたすら焼き切っていきま
す。
切ったゴムを半分に折って、端と端を合わせて縫っていきます、ひたすらミシンを走
らせます。
縫ったゴムをくるっとひっくり返すと例のやつが完成。
1度にいくつも作るから、単純作業の繰り返し。
このときに使うミシンはちょこっとコツが要る、ミシンを動かすペダルの踏み加減が
微妙で、気をつけないと急にすごい勢いで動き出して「あああ
あぁぁぁーーー!!」ってことになる。
けど慣れれば簡単。

こういう地味な作業は、コルテラの仕事でした。
こういう地味な作業がいっぱいあって、コルテラはなかなか新しい物を造り出す時間
をとれずにいたようです。
僕が今やっている仕事は全てコルテラがやっていた仕事、僕ができるようになったの
で、コルテラは今プロトハーネスの開発や、細かいパーツの改善をしています。

フランスでハーネス造り!なぁ~んてなんだかすごいことに聞こえるかもしれないけ
ど、わりと地味な作業の繰り返しです。
そして小林は、この仕事気に入ってます。
意外とこういうの好きなんですね。

    00:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シゴト、イソガシ。


















最近は仕事中心の生活。
なので、仕事場をちょこっと紹介してみよう。

上の写真はアトリエ(作業場)の2階、よくここで書いたり切ったりしています。
ラジカセは必需品、いつもラジオを聴いてます。
チャンネルはもちろん、「ラジオ モンブラン」!
そのままじゃん!って言いたくなる名前だけど、ホントにラジオ モンブランを聴い
ています。
フランス語や英語の曲が流れるこのラジオ、これを聴きながら一人で黙々と作業して
るとたまに、「フランスで働く若造・・・かっこいいかも」なぁ~んて思ったりして
・・・
錯覚です。

窓からはモンブランが見えます。
小林はいつもこの窓から、天気をうかがっています。
スキあらばいつでも、サ~っと飛びに行くかまえです。

ここ、なかなか気に入っています。

昨日(5日)の早朝にMAXを空港に送ってきました。
今日(6日)無事日本に着いたようです。
週末の大会、きっといろんな人達が握手したり「一緒に写真とってください!」なん
て言われたり・・・僕のMAX・・・
なんちゃって~。
週末、しっかり晴れるといいなぁ。

    01:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

あくろ。

9月30日、10月1日にアクロの基礎を習ってきました。
自分だけでも安全にアクロの練習ができるように、アクロの基礎を学ぶのが小林の目
標でし。

10月3日まで3日間の予定だったセミナーは、天候に恵まれず9月30日1日中と10月1日
の午前中だけしかできませんでした。
最初にウィングオーバー、スパイラル、ピッチングを見てもらった後、課題を設定。

小林は、ディープスパイラル導入の挙動を感じ取ることとフルストールの習得が課題
となりました。
「どちらもアクロの基本中の基本、しかし全てのアクロはこの基礎の積み重ね、この
基礎は一番重要なんだ」とフランソワ(セミナーの先生です。)は教えてくれまし
た。

時間が短く、何回も何回も練習するとまではいかなかったが、無線の誘導に従い、ス
パイラルとフルストールを繰り返した。
短い時間ながら、サットの導入の感覚、フルストールからの回復動作のタイミングを
感じ取ることができました。
もう一度時間を作って、再び教えてもらおうと思いますが、それまでフルストールと
ディープスパイラルの練習をしようと思います。
また、地上にいる時間に比べてはるかに少ない、空でのトレーニングの時間、この貴
重な時間により良い練習ができるように、地上での準備をしっかりするようにとフラ
ンソワは言っていた。
小林も残り2ヶ月をきったフランス生活、貴重な時間を大事に使わなければ・・・

    05:39 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
プロフィール

管理人テラ。

  • Author:管理人テラ。
  • タロ~を応援するページです。
    タロちゃんのおフランスレポートを載せます。
    応援メッセージなど書き込んで下さい!!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。