タログぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

エキサイティング・モルジン。

200606301627014
200606301627012
20060630162701
6月29日、朝から青空とモクモクの雲。雲の発達は早くてでっかい。
フランスチームはモルジンのテイクオフに集まってミーティング、62kmくらいのタス
クを組んで飛ぶみたい。
コバヤシもGPSを打ち込んで1時くらいにテイクオフ。

モルジンは大きな山脈の入り組んだエリア、モンブランとレ・マン湖の間にある。
レースは大きな山で上げきっての谷渡り、低くなると谷風が強くてサーマルを捕まえ
るのが難しい。
風がよどむところ、強い風の影になるリーサイドがサーマルポイントになる。
入り組んだ谷を迷路のように吹く風と、荒れるサーマルの中をフランスのパイロット
達は躊躇なく飛んで行った。
僕は始めてのエリアで戸惑いながら、自分のペースでフライト(着いて行くなんてと
んでもないでし)。

途中、デニィと一緒に飛んだけど、「そこ行くの!?」ってところにぐらぐらしなが
ら入っていって、グワン!ってリーサードの激しいサーマルに入って、忙しそうにソ
アリングしていた。
前にいるデニィを見ているのでどうなるかはわかるコバヤシも、同じところに入って
いって同じサーマルに吸い込まれて、忙しく忙しく操作しながら気がつくと2700m・
・・アハハ・・・です。
デニィをお手本にして飛んだ時間は、すごく良い経験になった。
おっきな山と谷、強い風、そういう中での飛び方、見るところ、狙うところ・・・

きんちょ~したなぁ・・集中したなぁ・・・アドレナリン出てただろうなぁ・・・
と、くたびれたフライトは3時間でしたとさ。

写真は、デニィを追いかけてグラグラでグワン!って上がる直前とレ・マン湖に向
かってグライドしてるやつと、雲の間を飛んでるやつです。

と、ここまでが昨日書いた文なんだけど、夜デニィと話してみるとどうやらこの日は
特別に荒れてたそうだ。
「ですよねー!」
フランスのトップパイロットはあんなコンディションでも普通に飛ぶのかと思ってた
のでちょこっとほっとした。

この日の夜は、ヨーロピアン選手権の選手で来ているジンさん、デニィと一緒に夜ご
飯を食べた、ジンさんはデニィの家にお泊り。
コバヤシが使うグライダーとハーネスのコンセプター、なかなかこんな場にいられる
ことはないんだろうなぁと思った。
しかも夜中の12時過ぎには、ブルース・ゴールドスミスまで来てお泊り。
朝はジン、コルテラ、ブルース、コバヤシの4人でご飯を食べた。
なんだか不思議な朝だった。

あ、前から思ってたこと、ゴールドスミスってゴージャスな名前だなぁ、だってゴー
ルドだもん。「黄金のスミス」
ゴールドタロー、変か。

スポンサーサイト
    16:27 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

わりと良い。

200606290336002
20060629033600
トレーニングはキャンセルになったけど、天気はなかなか良いです。
で、いつものエリアでフライト。

1本目、テイクオフの後ろにある岩壁まで上げてって、岩壁沿いに10kmくらい移動。
回すことなく折り返してきてランディング、ランディング+100mくらいでナイスな
ファイナルグライド、3時から5時まで2時間のフライトでした。
って2時間のほとんどを最初の岩壁にたどり着くまでに費やしています。

去年も書いたけど、このプラン・ジューっていうエリアは独特で、テイクオフの高さ
まではサーマルが弱くて激しくシフトしてたり、後ろの岩壁にたどり着くまでが難し
いのです。(大池にちょこっと似てるかもなぁ。)
サーマルも高く上がる勢いの良いヤツだけを狙って、小さく丁寧に上昇気流を追いか
けていくと、岩壁にアタックできる高度に到達。
岩壁沿いは、晴れてさえいればエスカレーターみたいに上がっていく。
今日は岩壁に着く頃に薄く曇ってきちゃったので、斜面に沿って行ける所まで行って
みました。

2本目は6時くらいにテイクオフ。
サーマルは見込めなかったからアクロの練習。
そろそろ新しいことをやってみようかと思って、よくイメージトレーニングをしてい
ます。

翼が完全に下を向いたスパイラル、スパイラルダイブで力をためて(下に落ちていく
力)、一気に旋回と逆の方向に体重をシフトして大きくウィングオーバーする。
うまくできればループ(グライダーの真上を通る)できます。
また、逆に体重をシフトするときにSATの要領でブレークを引くとタンブリングやイ
ンフィニット・タンブリングに発展します。
まあこれはまだイメージトレーニングだけだけど。

とにかく、アクロの大技はスパイラルダイブから始まります、これが1番力、G、下へ
の力を作れるからです。
スパイラルの導入と離脱をばっちり操るのは、アクロをやるのに一番大事っぽいで
す。
特に離脱、下への力をスムーズに技に繋げないと、大きな技はできない、大きな技に
は大きな力が必要なので。

だからまずは、スパイラルの練習しよっと。

写真は今日のじゃないけど、やっときれいに頭が見えたモンブランと、こりゃやばい
と思って飛ばずにやり過ごした積乱雲の成長が止まってほっとしたときに撮ったヤツ
でし。

    03:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

再びのキャンセル。

20060628192101
天気がイマイチということで、今日のフランスチームのトレーニングは中止に。
なのでアトリエでシュミレーターの色塗りを終わらせた午前中です。

なんだか公園にある遊び道具みたいだね(^ー^)b

    19:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

再びのフランスチームトレーニング。

明日あさってにやるんです。
フランスチームのトレーニングです。
来週からMorzine(もるじん)というエリアで行われる「第9回ヨーロピア~ンチャン
ピオンシップ」に向けて、明日あさってとフランストップパイロット達がMorzineに
集まって練習するです。

今回もコバヤシはデニィ達にくっついて、このトレーニングに行くです。
Morzineは大きな山脈と谷のエリアで、サーマルも強いと聞きます。
ヨーロッパらしい激しくてスケールの大きいエリアなんだと思う。

トレーニングにはもってこいのエリア、パイロット達です。
天気良くなるといいなぁ。。。

    22:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

6月26日。

200606270321002
20060627032100
昼過ぎまではデニィの手伝い、午後にはこ1時間のフライトという月曜日。

朝アトリエに来るとみんなに挨拶、「ボンジュ~ル!」
僕がデニィにいつも言う言葉、「エスク ジュ プ エデ?(なんか手伝うことあ
る?)」
この言葉で仕事が始まる。

今日はハーネスを吊るすシュミレーターのぺいんちんぐ。
毎年クピカ(イカロスカップ)で使うやつなんだけど、今年から色を変えるそうだ。

僕は作業着(すでに汚れてるTシャツ)を受け取って作業開始。

金属ブラシで表面を磨いて、ニス?みたいなやつ、なんだかアルコールの匂いがす
る、ただのアルコールかなぁ?を布に染み込ませて塗る。
そしてペンキ、デニィが「赤のペンキを買ってくる!」
と言ってオレンジのペンキを買ってきた。
赤でちょうどいいのが無くて、マックスに聞いたら「オレンジでいいよ、似たような
もんだから。」

と言うことでオレンジに塗った。
明日もう一度色むらがあるとこを2度塗りして終わり。
写真が塗装前、塗装後。

で、午後はじぇれみー(去年のクピカで出会いました)と一緒に飛びに行った。
風が強めでサーマルは荒れ気味だったけど、1時間くらいフライト。
今日はブーメランでトリムを使ってみた、Dライザーを伸ばすやつね、もちろん荒れ
てないところで(・0・)b
アクセルを踏んで翼の前面を普段より下に向けるだけだと、翼の後ろのほうが普段の
角度のままなので、Dライザーを伸ばして翼の後部を上に跳ね上げさせる感じ。
そうすると翼の角度が全体的に前のめり、下向きになるからスピードアップ、あぁ~
んど、翼の周りの空気の流れがスムーズになる(抵抗が減る)から、滑空比も良くな
る、早くより遠くへ行ける。
こんな感じですよねぇ?宮田さん?
この説明ってわかりにくいかなぁ・・・

で、Dライザーを伸ばしてアクセルを踏んでみたら、全てが軽く感じた。
っていうのはアクセルの踏み具合、手や体に伝わってくるグライダーの動きやテン
ションとかのことでし。
Dライザーを伸ばしていないとき、そのぶんの抵抗は手や体に伝わってくる、ブレー
クが重かったり、テンション(グライダーに引っ張られるとかグライダーに下への力
(自分の体重)がかかったいる感じ)を強めに感じる。
Dライザーを伸ばすと抵抗が無くなって、グライダーが勝手にスイスイ空気を切って
進んでいく感じがする。

自分の意思とは別にグライダーが飛んでいる、コントロールがきかない気がしてちょ
こっと不安になったなぁ。
これも慣れなのかなぁ。

こんな月曜日だったとさ(’0’)ノチャンチャン。

    03:21 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

6月24日、晴れ後曇り後シャワー。

200606251754012
20060625175401
朝デニィの声で起きる。
「ANNECYでフランスナショナルチームのトレーニングがあるけど一緒に行く?」
「Sure!!(もちろんですとも!!)」
ベットから飛び起きて、デニィがシャワーを浴びる間にレスキューパラをブーメラン
に詰め替えたのでした。

行きの車ではマックスの隣に座った。マックスの髪の匂いは大好きだ、青りんごの匂
いがする。小さいときに使っていた歯磨き粉の匂い。フランスではコバヤシも同じ
シャンプーを使うのです。

フランスチームには1人の大きいリーダーと4人の小さいリーダー達がいる。デニィは
小さいリーダーの内の一人、コバヤシはホントに良い環境にいるわけでし。
テイクオフに着くと、ノルディックオープンの参加パイロット達がいっぱい。去年一
人で参加したことを思い出す・・・
フランスチームのトレーニング内容は、ノルディックオープンのタスクを回ること
だった。もちろん真剣にレースをするだろうフランスのトップパイロット達、ワール
ドカップクラスのレーススピードを感じる良いチャンスだに・・・
良いトレーニングになりそうだと思いながらウェイティング、ウェイティング、ウェ
イティング・・・

・・・なんか曇ってきた・・・
・・・コリャだめだ、解散~。
ちぇー、残念。

デニィの家に帰ってくると、地元の仲間達(さんじゃーべクラブ)が飛ぶと言うので
一緒にテイクオフへ。
ちゃちゃっとテイクオフすると急激に雲が発達、遠くには雨のシャワーも見えた
なぁ。
吸い上げで高度が落ちなくなったので、急いで急降下してランディング。
このへんはモンブランのふもと、山の中だから天気が急変しやすい。
降りて片付け終わって家に入ると、雨が降り出した・・・うららぁ~。

フランスでは、新しい効果手段があるそうだ。
旋回の外側の翼端を折りながら旋回するというもの。
スパイラルのようなGを受けることが無いので、意識がとびそうになることが無く、
沈下速度も速いらしい。
ただ、機体によっては安定した旋回を続けられないものもあるそうだ。
次のフライトで試してみようと思います。

ああ、なんだか今日は長い1日だった気がするとかしないとか・・・

    17:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

6月23日、晴れ。

今日はANNECYでフライト、今年初だ。
やっぱりANNECYは景色も気象条件も良く街もきれいで、コバヤシが知るエリアの中で
一番のエリアだと思う。

いろいろと用事や知り合いへの挨拶もしてたので、飛んだのは5:00から6:30の1時
間30分だけだったけど、フランスではこの時間でもまだまだ明るくてしっかり上昇気
流が働いている。
この日もこの時間で2400くらい上がったと思う。岩壁はやっぱり迫力があるけど、だ
いぶ見慣れた感じがする。

飛んでいた1時間30分はひたすら、高度を上げてアクロの練習、また高度を上げてア
クロの練習の繰り返し。SATやアシメトリックスパイラル、ウィングオーバーに加え
て、Bストールや片翼・前翼を潰してグライダーによく慣れるようにしてみた。
おかげでグライダーと自分の一体感を以前よりも持てた。

    17:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Simon.

新しい友達ができました、20歳のシモンくん。
彼のスポンサーであるNIVIUK(ニビューク)のコンペ機に乗って、大会に出始めたフラ
ンス人。
今はノルディックオープンに出ていて、TASK1は4位でした。

彼は今1ヶ月だけデニィのアトリエで働いている、学校の宿題?みたいなもので、夏
休み中に1ヶ月働かなきゃいけないらしく、デニィに電話をしたみたい。
彼も僕と同様、今年PWCのポイントをかせいで来年のPWCに出ようとしている。

シモンはスロベニアン・オープン(7月22日~7月30日)に友達と行くそうだ。

コバヤシ:「ホント!コバヤシも行こうと思ってるんだ。」
シモン:「じゃあシモンと一緒に行こう。」

で、一緒に行くことになりそう。

フランスには若手がいっぱい、次々に有望なパイロットが出てくる。
それだけじゃなくて、技術や道具も新しくなっている。
コルテラハーネスも細かいところが改良されたりデザインが変わったり、よりよい製
品になっていた。(宮田さんがメールで送ってくれた改善案も、全て改善されてまし
たよ。)
去年僕が覚えたことなんかはもう古く、どんどん新しいものが出て来るんだなぁと感
じる。
新しくてより良いものに常に敏感でなければなぁと思う。

あ、でもラヂオ・モンブランはあまり変わりばえのない音楽が流れている、それもま
た良しでし。

    00:51 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

6月19日。

20060620050601
今日はフランス初フライトをしてきました。
といっても薄曇りだったのだけど、久しぶりにアクロ用の機体に乗るということで体
慣らしであったわけです。

1本目、ドキドキしながらのテイクオフ。
キャノピーが立ち上がると気持ちは落ち着いて集中できた。
サーマルないかなぁ~・・・ないので高度を残してランディングへ。

久しぶりにSATをやってみた、ドキドキドキドキ。
体はSATの感覚を覚えていて、ほっとする。
ウィングオーバーや、アシメトリックスパイラルもやってみた。
SATでほっとしたのか、調子に乗ったのか(たぶん調子に乗ったのかな(-v-;))雑
だった。

2本目。あ、ちょこっと天気が良い(=o=)!
サーマルないか・・・あったぁ~(#~ー~)
で、ちょこっとトップアウトしたけど後が続かず、高度を残してランディングへ・・
・つかの間の「俺の空」でした。
再びSATなどなど。

アトリエに戻って、去年同様にデニィの仕事の手伝いをしました。
素材を切ったり型紙を作ったり、半年のブランクはなんのそので、わりと息ぴったり
なんですよこれが。
2人無言で作業に集中、気づくと9時です。
ってことで、終わりにしてブログを更新中です。

そうそう、テルがちゃんとアトリエにいました。
今年も良い天気が続くといいなぁ。

    05:06 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

111回転。

ラウル・ロドリゲスは111回連続でタンブリングをしたそうです(-o-;)
どんな気分なんだろう・・・

日曜日の小林は1日中デニィの仕事の手伝い、ハーネスの座板を作っていました。
デニィは3ヶ月に1回くらい、木を加工する道具を知り合いの大工さんに借りて、大量
に座板を作ります。
で、昨日がその3ヶ月に一回だったわけでし。

ひたすら座板の形を切り出し、ひたすら角をヤスリで削る。
なかなか良い筋トレになりました。

夜は道具を借りた大工さんの家にお呼ばれして食事。
3人の子供がチョーかわいくて、真ん中の子は鼻水だらだら垂らしながら、何かを一
生懸命話しかけていた。

子供たちが寝た後に、ワールドカップサッカーを見た。
ちょうどフランス対韓国だったんだけど、僕はうとうとしていて試合の内容は記憶に
ございません。。。

とまあこんな日曜日だったとさ。

今日は飛べそうです。
今月いっぱいはアクロのトレーニングをします。
今週中はラウルもこの街にいるそうなので、いろいろ話を聞けたらいいなぁ。

    18:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

フランスに来ました。

200606172039002
20060617203900
スイス2日目は曇りのちサンダーストーム。
で、サンダーストームが来るまで、テイクオフに上がるバスの運転をしていました。

サンダーストームの襲来と同時に、小林とマックスはデニィの家に向けて出発。
ここでも途中から運転、だいぶ左ハンドル右側通行に慣れました。

半年振りに戻ってきた街は、ほとんど変わってなくてなんだかほっとしたなぁ。
今週、この街にラウル・ロドリゲスが来ているそうです。
ヘリで高ぁ~いところまで行って、そこから飛び、インフィニット・タンブリングの
ギネス記録を作ろうとしていたようです。
100回以上やるつもりだったみたい、何回まわったんだろう。。。

    20:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

パーちゃっく。

200606160254012
20060616025401
スイスに無事着きました。
明日まではスイスにあるハンス・ボーリンガーの家にお泊り。

というのも、マックスとロベール・グラハムとハンス・ボーリンガーの3人が、ここ
でグライダーのテストフライトをしているからです。
なので、ジュネーブに着いた小林はマックスに迎えに来てもらい、ハンスの家にお泊
りしながら、テストフライトの手伝いをさせてもらいながら飛んでいるわけです。
「フリーター小林が~、スイスで~、Ginのテストパイロット達に~、出会った~」
わけです。

ヨーロッパ最初の2日間から、こんなチャンスに出会えるとは、ほんとに運が良いで
す。
いっぱい手伝って、グライダーのこといっぱい勉強します!

で、今日はこの3人にステファン(スイスのトップパイロット)を加えた4人と一緒
にフライトしました。
小林は自分のブーメラン4に乗り、ブーメランの試作機に乗るステファンやマックス
にくっついてフライト。
グライド性能の比較をするために並走したり、一緒にソアリングしたりと、とても興
味深いフライトでした。

ヨーロッパのサーマルは強く、グライダーコントロールが難しい。
そんな中で彼らはとてもうまくグライダーを操っていた。
これは実践あるのみ、この3ヶ月間でいっぱい飛んで練習でしp(・0・)

グライダーのテストは、ちょこちょことラインやキャノピーをいじりながらフライト
を繰り返す。
グライダーの知識もいっぱい必要だ。
もちろん小林はちょこちょこっとなんていじれないけど、「なぜそこをいじるの?」
と聞きながら手伝っていると少しとても勉強になる。

明日もいっぱい手伝いたいな。

上の写真は久しぶりに再会した友達、マックスが飼う秋田犬のLEONと、ハンスの息子
TIM。
ランディングの丘をグラハンしながら登り、丘の上から飛んでリッジをとり、ヘリコ
プターランディングをきめるTIMは、13歳。
ブラボー!

    02:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

再びのフランス。

あと9時間後くらいにフランスへ出発です。

進む道の先にある湖を信じて、目前のできることに全力を尽くしますです。

では、元気に行って、元気に帰ってくるさ~(~0~)/

    01:51 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

2位も悪くない。

週末、ナショナルリーグ栂池ジャパンカップに行ってきましたよ。
1日目が22位、2日目が4位、総合で2位になりました。
またもや2位。

足尾の板さんは2位が一番嫌い。
1位じゃなきゃビリでいい。
2位は一番悔しいらしい。

2位って良い塩梅だと僕は思う。
そりゃ悔しい、1番になりたくてレースしてるわけだから。
でも、自分の上にはまだまだうまくて強い人がいっぱいいる。
2位ってだけでも上出来なんだと思う。

それに、2位ってやつは次に繋がる。
2位ってことは、1位になるために足りない何かがあるってことで、成長すべき、やる
べきことがまだまだあるってこと。
成長できるってこと。

あ、2位になれたのだから、自分が成長できていることも反省しておくべきだ。
今回感じたのは、次々に直面する局面を、自分で打開する強い気持ちと、打開する糸
口を感じ取る力が付いたこと。
フランス人に感じた自己打開力が、自分にも備わりつつあることを感じた。

まだまだワールドカップパイロットのスピードとは大きな差があるけど、必ず抜い
ちゃるけん待っとれや~!
なぁ~んつって~。

さて、最後になりましたが、小林は今週末から3ヶ月間、再びフランス修行へと旅立
ちます。
今回はグライドとアクロを中心に、トレーニングしてきます。
自分の成長は応援してくださる皆さんへの恩返しだと思って、やれることは全てやっ
てこようと思います。

    13:24 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
プロフィール

管理人テラ。

  • Author:管理人テラ。
  • タロ~を応援するページです。
    タロちゃんのおフランスレポートを載せます。
    応援メッセージなど書き込んで下さい!!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。