タログぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

じめじめニッポン。

72位の小林は、6/11に帰国しました。

スペインで小林は、すごくすごく大事なことを思い出した。フランスでの長期修行で
学んだこと、飛ぶときにとても大事なこと、それが小林の飛び方だと思っていたこ
と。

   「意志」。

小林の武器は技術でも知識でも経験でもなく、「強い自分の意志」だった。「あそこ
で上げる」「あそこまではサーマルを無視してグライドする」「このサーマルはここ
で見切る」・・・そんな風に「自分の強い意志」を持って飛ぶとき、小林は自分らし
くてスカッとするフライトができていた。それを忘れがちだった最近のフライトは、
周りを意識して集団に混ざりこむようなフライトだった、だから「なんなんですか
ねぇ・・・」だったんですひろみさん。

こんなことを思い出させたのはフランス人の友達、シモン。シモンは僕より成績は悪
いけど、唯一ゴールした最後の日には900点を取っています。すごいです、ワールド
カップで900点をとるのは。
それだけじゃなく、彼はその前の4日間も世界のトップ集団やトップ集団の前を果敢
に飛んでいた。どのパイロットに頼るのでもなく「自分の意志」、「自分のフライ
ト」を試すかのように、初めてのワールドカップでシモンはできる限りのチャレンジ
をしていた。そんなシモンが最終日に勝ち取った900点にはとてもとても大きな価値
を感じる。
僕は最終日の夕方、シモンと2人で長いことしゃべり続けた。今年で22歳になるシモ
ン、まだ子供っぽかったりもするけど、尊敬できる大事な友達だ。

次の大会はワールドカップ in イタリア。小林のやることは決まっている、「意志」
で飛ぶこと。
失敗なくして成長は無い、成功を産む失敗ならばそれもまた成功だ。

「地図マガ」にはおもしろいマップが大集合。世界の最高峰を上から眺めてみよう! http://chizumaga.jp/
スポンサーサイト
    00:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

遠くて近くて、でも遠い。

昨日、6/8は100kmのタスクが組まれました。最初にスタートポイントから5kmくらい
のターンポイントをとったら、後はまっすぐクロカン。とは言っても風はフォロー
ウィンド、トランジット時はアクセルを踏んで60kmくらいでのフライト。
前半は30kmくらい岩盤のリッジ、ほとんど回さずにアクセル勝負。この一週間で小林
もだいぶスピードを出せるようになりました。グライダーにも少し細工をして、ス
ピードを出したときにも潰れにくくなっているので、日本で飛ぶときよりも多めにア
クセルを踏んでます。
リッジのパートが終わると平野のパート、少しペースは落ちるかなぁと思いきや、
ゴール方向には良~い感じの雲がいっぱい。みんな躊躇無くスピードを出してゴール
へグライド。
50kmくらいからグループは2つのコースに分かれる、少し迂回して山の上を通るグ
ループとまっすぐ平野を行くグループ。小林は山のコース、順調にサーマルをひろっ
てはアクセルを踏んでのグライド。そして大詰め、リーサイドでいかにも上がりそう
な岩盤にまっすぐグライド、ちと低いけどここで上げきればファイナルグライド・・
・あ、雲でかげってきてる、急ぐ小林とかげるリーサイド。あ~あ、間に合わなかっ
たな・・・。
で、次の晴れ間が来るまで谷の行き止まりのリーサイドでなんとか粘って、晴れ間と
共に上げきってゴールへ。
トップは平野のサーマルを乗り継いでゴールまでまっすぐ、2時間30分くらい?で
ゴール。100kmを2時間30分、近いもんです。
帰りは車で2時間以上、遠かったなぁ・・・

「そらべあ」アイコンをゲットして、メッセンジャーでエコのことおしゃべりしよ
う。 http://messenger.live.jp/solarbear/
    16:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ム~チョ へたっぴ。

悲しいお知らせがあります。
今日6/7、タスク3、80km程のタスク、小林はゴールできず30km付近にランディングし
てしまいました。

本日のタスクは、前半岩盤のリッジ上を端っこまで行き、そこからリッジの裏のほう
の丘や山や平地や湖を飛んで行くタスクでした。前半のリッジ、小林はわりと良いス
ピードで飛ぶことができたのですが、リッジの端っこのターンポイントをとった後に
悲しい出来事が・・・
リッジの端っこのサーマルでどのパイロットも高度を稼ぎ、高い雲底からリッジの裏
のターンポイントへとグライドしていく中、ん?山沿いの低いところでうろうろして
いるブーメランはどこの誰だい?・・・小林だよ!
サーマルをとらえきれなかった上にその後もなかなかサーマルを見つけることができ
ず、焦りはつのり自分のへたっぴ具合にがっかり。なんとか捕らえたサーマルも雲ま
では上がらず、とにかくリッジの裏へグライドしたものの、裏側はオーバーキャスト
で渋く、小林はとほほな30km地点にポツンとランディング。

何なんですかねぇ・・・もっといっぱい練習しなきゃ。

ウィルス対策だけで十分だと思っていませんか? Windows Live OneCare
http://onecare.live.jp
    01:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

速いです、速い。

200706062342022
20070606234202
20070606234201
6/5は大気が不安定すぎてキャンセル。

で、今日は6/6、夕方遅い時間にサンダーストームの可能性がちょこっとあるもの
の、昨日までの不安定で怪しい空模様に比べればっへっちゃらな感じ。テイクオフに
上がると62.8kmのタスクが組まれた。夕方のサンダーストームの可能性を考慮して
少し短いタスク、しかもあまり遠くのパイロンは使わないタスクにしたみたい。

テイクオフがオープンするとパイロット達は雲のへりで待機し、12:45になると一斉
にグライド開始。前半は岩盤のリッジを使った往復で、ハイペースな展開。アクセル
踏みっぱなしでセンタリングもすることなく30km以上をグライド、小林はトリムも伸
ばして遅れないようにグライド。ワールドカップのスピードってヤツは、ホントに速
いです。
リッジの往復が終わるとちょこっと沖にあるなだらかな丘を越えたところの街が次の
ターンポイント、ヘッドウィンドでグライド。サーマルをひとつ乗り継いでターンポ
イントをとると街の上で強いサーマルゲット、この時点でトップグループとはワン
サーマルの差。グライドスピードとコースどりでジリジリ差が離れたのと、乗り継ぎ
のサーマルで上げ遅れたせいで差が開いてしまった。
話はレースに戻って、街のサーマルで回しながら考える小林。後は最後のターンポイ
ントをとってゴールへ、ゴールまでは全部で14km、ゴールの高度は600m、今の高度は
2000m、滑空比10でゴールまでぴったり、最後のターンポイントまではヘッドウィン
ドで、そこからゴールまではフォローウィンド、最後のターンポイントの方には雲が
できている・・・こんな情報から、この街からゴールまでの間はきっと雲に吸われて
リフトがかっているだろうから、このサーマルを早めに見切ってもゴールまでワング
ライドで行けるだろう!っという答えを割り出しました。一緒に回していた外人さん
達より早めにゴー。。。しかし行く先の雲は発達を終えてまあ落ち着いたもんで、発
達しきった雲はしっかり地面を覆ってオーバーキャスト、最後のターンポイントを
取ってゴールの方へ振り向くと何人かはゴール手前におりてたりして・・・気まず
い。
リフトのありそうな畑やらの上を通りながらゴールのほうへグライドすると弱いサー
マルに出会う、ベーネ!そこで100mくらい上げてゴールへ。その間に街のサーマルで
一緒だったアミーゴたちは高いところをゴールへ向かっていった。アディオス ア
ミーゴ・・・
100m復活した小林は、そこでサーマルを見切ってゴールへ。対地50mくらいで何とか
ゴール、マンマ・ミーヤ。たぶん40位くらいかと思います。

レース中は先を急いで忘れがちなこと、「良いサーマルでしっかり上げきること」。
焦ると先ばかりに目がいって、雲底まで上げきらずに走ってしまったりする。でも速
く飛ぶには良いサーマルをつかってしっかり上げきることが大切、そのことを肝に銘
じて明日はもっと速く飛びたいな。

ウィルス対策だけで十分だと思っていませんか? Windows Live OneCare
http://onecare.live.jp
    23:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

チョト、キケン。

20070605164402
200706051644012
20070605164401
6/4
朝から雲の多い月曜日。テイクオフに上がると晴れ間が広がってきたけど、雲の発達
が早くて嫌な感じの月曜日。それでもタスクが組まれる、基本的に自己責任で行うス
ポーツなのでタスクができる可能性があるときはスタートが切られるわけで、テイク
オフするかどうか、危険かどうか、レースを続けるかどうかは自己判断によるんで
す。
もともとパイロットとは自己の判断で空を飛べる人、安全に飛ぶために必要な技術と
知識と判断力を持つ人。空で頼れるのは自分だけで、何が起こっても自己責任である
ことを認識していなければならないのです。

話がそれた月曜日。15分後にテイクオフがオープンになるってとこで再びブリーフィ
ング、雲の発達が予想以上に早いのでタスクはキャンセルになった月曜日。ちなみに
ブリーフィングのときキャンセルにすべきだとオーガナイザーにかけあっていたの
は、先日積乱雲に吸われて生還したエヴァさん、エヴァさんにはいつもドイツのテレ
ビカメラが着いて回ってます。
タスクキャンセル後、選手達は急いでテイクオフ、遠くにシャワーが見えた月曜日。
夕方から夜にかけては激しいサンガーストームに覆われた月曜日のスペイン。道路を
羊の群れが横断する月曜日のスペインでした。

Webページが途切れずに用紙にぴったり印刷できるようになった最新ブラウザ
http://promotion.msn.co.jp/ie7/
    16:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

task1

200706040606016
200706040606014
200706040606012
20070604060601
小林、43位でご~る。最近こんな感じで手堅いゴールってのが多い。物足りないです
よね。

天気は良くて弱い北風。テイクオフは南向きですが問題ない風です。
サーマルも活発で、長く続く岩盤のリッジは曇ってても上がりそう。
レース展開は早く、まっすぐ飛ぶときはアクセル踏みます、今日は81kmの距離を踏み
ます。チョト、アシ、プルプルネ。

判断と見切りが遅く、次に向かうべきポイントやラインが見えていないために、躊躇
することが多かった。
もっと積極的な自己判断で、前を飛ばねば、人の前を。

航空写真見所マップや東京・環七らーめんマップを公開中「地図マガ」
http://chizumaga.jp/
    06:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

チョットキケン。

晴れてるけど本流は北風。テイクオフは南向き。それでも風は正面から吹き上げる。

Agerはスペインのピレネー山脈の入り口にある谷間の町。テイクオフは南向きに切り
立った岩盤の上にあって、東西にはご立派なリッジが伸びている。うん、ご立派。
やっぱりヨーロッパには良か山がいっぱいあるづら。

スペインはイベリア半島という大きな半島の国ですが、この半島はも大昔は独立した
島でした。この島がおっきなおっきなユーラシア大陸にゆっくりゆっくり近づいてっ
て、くっついて、それでも止まらずにくっついてって・・・このときにユーラシア大
陸とイベリア半島のくっついたあたりがさらに押し合う力のせいで盛り上がり、隆起
して、岩盤むき出しのご立派な山脈が何層にも渡ってできたわけです。それがピレ
ネー山脈なんです。
チキューは、イキテイル。

6/1は強めの北風の中2,3時間フライト。低いところは荒れてたりしたけど、谷風で
止まったりしたけど、ざっとエリアを見回すことができた。

6/2は強風で飛べなかった。
今日、6/3レース初日だけど風ツヨメ。
どんなところ飛べるかな・・・

Office ストーリー連載開始。豪華プレゼントあり!
http://go.microsoft.com/?linkid=6696410
    17:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

PWC in SPAIN ~PM10:00の夕焼け~

5/30 am11:30、小林はスペインに向けて出国。日本は曇り、空は雲に覆われていて
「もう梅雨だなぁ」な~んてことを思いますが、雲の上に出てしまえばすっきりした
青空と近くて眩し過ぎるくらいの太陽、まるで梅雨なんてものは吹き飛んで別世界に
吸い込まれて行くんです。
6/3~6/9、パラグライディング ワールドカップ2007の2戦目、開催地はスペインの
AGERという田舎町。今回の目的地。

まず飛行機はオランダのアムステルダム空港へ、そこで飛行機を乗り換えてスペイン
のバルセロナへ。バルセロナ空港からはレンタカーで200km走ってAGERへ。予定通り
にいけば夜の10:00くらいにはAGERのバンガローに到着できるはず、予定通りにいけ
ば・・・

午後16:20アムステルダムに到着、次の飛行機の出発は1時間後。到着したゲートから
次の出発ゲートまでは歩いて15分から20分、途中手荷物チェックと称してポリス達が
行く手をふさぐ、一般客に比べて明らかに多くてあやしい荷物をポリ~ス達は入念に
チェック。チェックをくぐり抜けると気の良い一人のポリ~スが時間のない僕達を出
発ゲートまで案内。出発ゲート遠い、遠いけど到着、5分前、何とか到着、到着、到
着?人がいない?このゲートじゃない?そうここは違うゲート、僕達が乗る飛行機は
別のゲートで、ゲートに来ない僕達のグライダーを仕方なく飛行機から降ろしていま
した。乗り遅れちゃったです。

次のバルセロナ行きの飛行機は9:15、バルセロナには11:30に着く。レンタカー屋さ
んあいてるかなぁ・・・AGERに着くのは2時?3時?バンガローはいれるかなぁ・・・

バルセロナに到着するとギリギリでレンタカーをゲット。でも小さい・・・
バルセロナ空港で待ち合わせていたセイ・ヤン(韓国人)はバルセロナのホテルにいた
ので、扇澤さんはそのホテルにいって一泊、あとの日本人3人はAGERへ。ドライバー
は小林、眠気と時差ぼけの中、迷いながらも4時に到着、間違えて対向車線を逆送し
ながらも無事到着、右側通行右側通行・・・
もちろんバンガローの管理人はいないわけで、車で仮眠。

次の日はバルセロナに戻って車を大きいのに代えたり必要なものをそろえたりで一日
が終了、大きな街で買い物と食事を終えてAGERへ向かう頃にはpm10:00、それでも空
はあかるくて、やっと日が沈みかけていた。スペインの一日は長い・・・

Office ストーリー連載開始。豪華プレゼントあり!
http://go.microsoft.com/?linkid=6696410
    18:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

管理人テラ。

  • Author:管理人テラ。
  • タロ~を応援するページです。
    タロちゃんのおフランスレポートを載せます。
    応援メッセージなど書き込んで下さい!!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。