タログぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ヨーロッパ再び。

フランスに着きましたの小林です。

フランスに着きましたの小林は、フランスから車で1000kmくらいかもうちょっとか運転してイタリアのローマの空港で小林以外の日本人パイロット達をひろって、PWCスーパーファイナルが行われるポッジオ・ブストーネに向かう小林です。

突然のスーパーファイナル参戦でバタついとりますが、レースまでには自分のペースを作って、ぶちかます準備をしていきます。


メールはひとつにまとめよう!他の無料メールもプロバイダーメールも。
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153791839/direct/01/


..hmmessage P
{
margin:0px;
padding:0px
}
body.hmmessage
{
font-size: 10pt;
font-family:メイリオ
}



フランスに着きましたの小林です。
フランスに着きましたの小林は、フランスから車で1000kmくらいかもうちょっとか運転してイタリアのローマの空港で小林以外の日本人パイロット達をひろって、PWCスーパーファイナルが行われるポッジオ・ブストーネに向かう小林です。
 
突然のスーパーファイナル参戦でバタついとりますが、レースまでには自分のペースを作って、ぶちかます準備をしていきます。メールはひとつにまとめよう!他の無料メールもプロバイダーメールも。 面倒な作業をやめたい人は、こちら。
スポンサーサイト
    06:42 | Comment : 0 | Top

いたりあ~のすぅーぱーふぁいなるぅ~ノ

突然ですが、PWCのスーパーファイナルのセレクションに、先日通ってしまった小林は、明日29日から再びイタリアへ行くことになりました。
大会は9月1日から12日、なんだか大会が始まるまでは大忙しですが、レースが始まっちまってしまえば、ワクワクに身を任せて力の限り飛び跳ね回る心積もりのちっちゃい日本人代表、小林です。

無料で使える25GB。USBメモリの代わりに、Webに保存
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153787332/direct/01/
    09:27 | Comment : 1 | Top

次のチャレンジへ~

20090817212932
20090817212926
今日小林は帰国しましたよ~。
この夏のヨーロッパで今までにないくらいの手ごたえを感じた小林に休む余裕はありません。ヨーロッパ遠征の終わりはこれから続く国内大会、来年のPWCに向けてのスタートなわけで。
まずは今週末の白鷹での大会、小林はヨーロッパと変わらず飛び跳ね回る構えです。ヨーロッパだろうと日本だろうと、夏でも冬でも小林は毎日をめいっぱい飛び跳ねて、成長していきたいと思います。

便利!ケータイへのHotmailアラートはこちら
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153791840/direct/01/
    21:29 | Comment : 3 | Top

旅の終わりにはなんとなく。

20090813060751
20090813060749
20090813060746
小林のヨーロッパ遠征が終わりに近づいていますが、旅の終わりにはなぜか山に登ることが多かりし。そして、今年の小林は旅の終わりにわりと本気で登山をしたんです。 8月11日、晴れ。ストックとか防寒具とか登山靴とか登山靴につける金属のギザギザのやつとかピッケルとかロープとか非常食とかスピードライディング用のパラとかを準備して、午後3時に登山開始。最初の1000mくらいはいつもの山登りな感じの軽装でてくてく歩いていきますと、見えてくるのは氷河さんでして、そこからは滑らないようにギザギザのやつを靴にはめ、上着とかグローブもはめてみて、ロープで仲間と体をつなぎ、ザクザクと登っていきます。本格的な道具を使うような山登りは初めての小林はなかなか上手く歩けず、それはまるでこけそうになりながら歩くお子様のようでしたが、なんとかその日の目的地である標高2600mにあるロッジに到着し、1泊したのであります。 8月12日、晴れ。4時起床の5時出発、登山の緊張か興奮か、何だか寝た気がしないけど、体は回復しているです。今日はずっと雪やアイスの上を歩くのですが、前日になんとなくそれとなくうまく歩けるようになった小林は、1歩1歩歩き続けます。夜が明けてくると雪の白と空の青の境目がだんだんはっきりと見えてきて、最初の朝日が山際を照らし出すと、とたんに黒い景色は青と白のまぶしい景色に変わります。それと同時に、振り返ると低い山や雲や町が小さく遠くに見えて、自分が思っている以上に高いところにいるってことを感じます。
感動はほどほどに、てくてくざくざくと歩くことに集中します。だって1歩踏み外せばわりとズルズル落ちて行っちゃうようなところもわりとあるわけですから。そうしてゆっくり確実に進んでいくと、3600mのピークが見えてきました。モンブランのピークがなんだか近くに見えます(実際はそんなにちかくないだろうなぁ・・・)。そして登頂成功、なんかコトバはなくて、ただただ目の前を眺めるばかりです。
でも、のんびりはしてられません。朝の弱い風のうちに飛ばないと、山の風は変わりやすいんだそうで。ちゃっちゃと準備してテイクオフ!厳しい登山と足の痛みと緊張や疲れから、一気に解放されるテイクオフ、フライト。とつてもちぃちゃいグライダーで飛んだので、10分もしないうちにランディングだったけど、なんだかすごく気持ちよかったんです。人は自分が思っている以上に、なんやかんやできるもんだなぁとか思います。

便利!ケータイへのHotmailアラートはこちら
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153791840/direct/01/
    06:07 | Comment : 0 | Top

旅の終わりにはなんとなく。

小林のヨーロッパ遠征が終わりに近づいていますが、旅の終わりにはなぜか山に登ることが多かりし。そして、今年の小林は旅の終わりにわりと本気で登山をしたんです。
8月11日、晴れ。ストックとか防寒具とか登山靴とか登山靴につける金属のギザギザのやつとかピッケルとかロープとか非常食とかスピードライディング用のパラとかを準備して、午後3時に登山開始。最初の1000mくらいはいつもの山登りな感じの軽装でてくてく歩いていきますと、見えてくるのは氷河さんでして、そこからは滑らないようにギザギザのやつを靴にはめ、上着とかグローブもはめてみて、ロープで仲間と体をつなぎ、ガシガシと登っていきます。本格的な道具を使うような山登りは初めての小林はなかなか上手く歩けず、それはまるでこけそうになりながら歩くお子様のようでしたが、なんとかその日の目的地である標高2600mにあるロッジに到着し、1泊したのであります。
8月12日、晴れ。4時起床の5時出発、登山の緊張か興奮か、何だか寝た気がしないけど、体は回復しているです。今日はずっと雪やアイスの上を歩くのですが、前日になんとなくそれとなくうまく歩けるようになった小林は、1歩1歩歩き続けます。夜が明けてくると雪の白と空の青の境目がだんだんはっきりと見えてきて、最初の朝日が山際を照らし出すと、とたんに黒い景色は青と白のまぶしい景色に変わります。それと同時に、振り返ると低い山や雲や町が小さく遠くに見えて、自分が思っている以上に高いところにいるってことを感じます。
感動はほどほどに、てくてくざくざくと歩くことに集中します。だって1歩踏み外せばわりとズルズル落ちて行っちゃうようなところもわりとあるわけですから。そうしてゆっくり確実に進んでいくと、3600mのピークが見えてきました。モンブランのピークがなんだか近くに見えます(実際はそんなにちかくないだろうなぁ・・・)。そして登頂成功、なんかコトバはなくて、ただただ目の前を眺めるばかりです。
でも、のんびりはしてられません。朝の弱い風のうちに飛ばないと、山の風は変わりやすいんだそうで。ちゃっちゃと準備してテイクオフ!厳しい登山と足の痛みと緊張や疲れから、一気に解放されるテイクオフ、フライト。とつてもちぃちゃいグライダーで飛んだので、10分もしないうちにランディングだったけど、なんだかすごく気持ちよかったんです。人は自分が思っている以上に、なんやかんやできるもんだなぁとか思います。

Hotmail が進化した!セキュリティーもばっちり!
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153791838/direct/01/
    06:02 | Comment : 0 | Top

18タスク/2ヶ月間

20090809192635
突発的なヨーロッパ遠征の決断から2ヶ月間、良い天気に恵まれた小林はウィンドダミーでのフライトも含めて、4カ国18本のレースを飛び跳ね、駆け巡ってきました。フライトタイムは60~70時間、フライト距離は1000km以上になると思います。
いっっっっぱいの人達に助けられて、支えられて、応援してもらって、一緒にはしゃぎまわってもらって、幸福にも濃密で有意義な時間を過ごすことができました。いっぱいいっぱいありがとうございます!Merci!Thanks!Gracias!Grazie!Obrigado!!
小林はこの2ヶ月間で、パラグライダーのレースに関するたくさんの成長を感じているんです。それは例えば、小林の判断があながち間違ってはいないってこと、小林の分析は意外と的を射ているってこと、小林が強い意志を持って飛び跳ねるようになってきていること、もっと速くもっと前を飛べる可能性を感じていること。この世界のもっと先のほうを望んで飛び跳ね続けたら、さらに新しい世界に踏み込んでいけるんじゃないかって可能性を感じることが出来ていることに、自分が前に進んで成長していることを感じるわけなんです。
こうして自分の成長を確認するとき、同時に小林を取り囲むいっぱいの人たちへの感謝も常に確認していきたいと思います。
残りの1週間が過ぎて日本に戻っても、めいっぱい飛び跳ねて幸福にも濃密な日々を過ごしたいと小林は企んでいます。あ、その前に残りの1週間を、あ、まずは今日を、今を、力いっぱい飛び跳ねようと思うちっちゃい日本人です。

メールはひとつにまとめよう!他の無料メールもプロバイダーメールも。
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153791839/direct/01/
    19:26 | Comment : 2 | Top

タスクの最後のヨーロッパ~の

イタリア選手権最後のタスクは82km、山と平野を組み合わせた感じのタスクです。スタートと同時に勢い良く飛び出した小林は、最初のターンポイントで高度を落し、早速2位集団に。そこからは出来るだけ旋回せずにトップ手段をおっかけます。
そして、少し山から離れた2つ目のターンポイントをとった後、山に戻るトップ集団を見て小林は平野を突っ切って得意のショートカットを試みます。これがばっちりはまり、先頭に出ます。小林は2機のヨーロピアンと一緒に先頭を引っ張って平野のターンポイントへ飛び出します。しかし平野はやはり難しいものでサーマルを探り探り探していると、すぐに大集団に飲み込まれてしまいます。
そのまま集団で平野をクリアーして、最後は山のターンポイントへ。そして小林は最後のサーマルを2位で離脱してファイナルグライド!プッシュです、トリムをあけてめいっぱいのアクセルプッシュです!しかし、2人のでっかいヨーロピアンにゴール直前で抜かれてしまい、小林は4位でゴールしました。
今年のヨーロッパ最後のタスク、小林は積極的に前に出ることにチャレンジし、いい手ごたえをつかめました。小林の状況判断はわりと合っているみたいで、次への自信につながりました。
イタリアンチャンピオンシップ、小林は総合11位でフィニィ~トです。グラッツェ ミィ~レ!!

無料で使える25GB。USBメモリの代わりに、Webに保存
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153787332/direct/01/
    07:34 | Comment : 0 | Top

8月6日、プッシュプッシュ!

20090807074850
20090807074848
20090807074846
4本目のタスクは71km。オーガナイザーは、「雲が低くてサーマル条件もイマイチという予報なので今日はショートタスクだ」っておっしゃりますが71kmは立派に長いタスクです。
小林は序盤からアクセルをプッシュプッシュ!先頭を行きます。出来るだけ長く、できれば最後まで先頭を飛び跳ねるチャレンジ。自分の状況判断を信じてどこまで判断ミスせずにいけるのか、もちろん判断ミスをすればいっきに集団においていかれます。結果が明白でわかりやすいチャレンジです。
今日の判断ミスはグライドコースの選択ミスでした。小林よりも山側のコースを飛んだ集団は次のサーマルに高くたどり着き、小林は低くなりながらなんとかサーマルにたどりつきました。その後は先頭を追っかけます。
ラスト20kmで小林は雲を頼りにフラットランドに出てショートカットを試みます。しかし、フラットランドは弱いサーマルばかりで、スピードアップできません。
最後まで先頭には追いつけず、小林は22位でゴールしました。総合では18位です。
ワクワクと強い意志で最後まで先頭でいられるように、もっともっとチャレンジしていきたいと思います。


写真もデータもSkyDriveで安全にネット上に保存
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153787333/direct/01/
    07:48 | Comment : 0 | Top

8月5日、ワクワク=)

20090807072438
20090807072435
20090807072433
大会3日目、晴れ。ワクワク=)朝から上昇気流による積雲がポコポコと見えます。ワクワク=)発表されたタスクは50kmくらい遠くの岩盤まで行って帰ってくる118kmのタスク。ワクワク=)
スタートするといくつか谷を渡りながら、山をつたってひたすら西へ。40kmくらい行ってみると、山の様子が険しくなってきて、岩盤の山並みとちょこっと狭い谷と大きくて広い雲が、不気味に待ち構えています。ドキドキ...岩盤の奥のほうのターンポイントを取って戻ろうと思うんですが、岩盤の山々は活発に周りの空気を吸い込むんです、活発に吸い込むから風が強いんです。ドキドキ...
先頭グループの数人はこの岩盤エリアを高くパス、小林は尾根上に出れず強い風の中谷の中へ。ヒヤヒヤ。多少こわい思いをしながら谷の中の丘のサーマルでなんとか上げなおして、岩盤エリアをパス。ヒヤヒヤ。
その後は順調に東に戻っていき、ゴールまで20kmを切ったところで突然のタスクストップ...岩盤エリアの強風で数名が山沈したり、レベル3のコールもあったそうです。
必死の思いで岩盤エリアをパスしたパイロット達はがっくし。トップのパイロットはゴールの7km手前でした。
明日はどんなレースだろうか。ワクワク=)

Hotmail が進化した!セキュリティーもばっちり!
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153791838/direct/01/
    07:24 | Comment : 0 | Top

嵐は過ぎ去り...

20090805063918
20090805063916
20090805063913
サバイブゥ~!嵐は去りまして、テントは嵐との共存を成し遂げました。
今日、8月4日は59kmのタスクが組まれまして、前日の嵐による水分が大地の温度上昇を妨げる関係で、上昇気流の発生がやや遅れることを考慮して、若干遅めのウィンドウオープンとなりました。しかし、雲が北から広がり始め、スタート時間前にはオーバーキャスト。それでもスタートしましたが距離は伸びず、本日のタスクは不成立でした。
小林のアイスピーク3はサーマルソアリングでご機嫌に飛び跳ね、他のパイロットの機体を上回る上昇っぷりを見せてくれます。明日からはもっと飛び跳ねちゃいます!

【MSN相談箱】メールで聞いて分からないことMSN相談箱で調べて見よう
http://questionbox.jp.msn.com/index.php3
    06:39 | Comment : 0 | Top

イタリア~のチャンピオンシップぅ~ノ

20090804023927
20090804023925
20090804023922
8月2日ぁ~はイタリアンチャンピオンシップぅ~の大会初日でした。レースの舞台はMonte Grappa(モンテグラッパ)、アルプス山脈の南のはしっこで平野からアルプス山脈が立ち上がり始めるところです。空気も少し湿った感じで、サーマルはひどく荒れ狂う感じではありません。サーマルの豊富な山脈や谷渡りだったり、それからそれから少しトリッキーな平野だったり、多彩なタスクが組まれそうです。
Task1は山脈を行ったり来たりまた行ったりの91km。小林はいつもスタートがすこぶる良い加減で、たいがい一番高くスタートします。今回も高いところからスタートし、前半をトップ集団でこなします。
中盤、ヘッドウィンドで尾根上を低くグライド。ヨーロッパのパイロット達と小林の差が出るところでして、風の吹き上がる尾根上の良いコースをハイスピードで飛んで行くんですが、小林はスピードが出し切れなかったりコースが悪くて高度をロスしたり...尾根上の飛び方はもっと練習したい~ノ。
そんな感じで先頭から遅れた小林は2位集団と一緒にゴールして17位でした。
今日8月3日は台風のようなサンダーストーム。小林はテントを守るのに必死です。自然との闘いです、自然との共存です、自然との融和です。あ、雷が山に。あ、隣のテントが悲しいことになってます。嵐の中でも小林は飛び跳ね回ります。
明日からはずっと天気が良さそうです。はしゃぎまわる小林トゥエンティーエイトは、強い意志で嵐と調和し、明日からのレースにワクワクしながら挑みます。

「ブリーフケースからお引越し」無料25GBのファイル保存サービス
http://go.windowslive.jp/share/skydrive.html
    02:39 | Comment : 0 | Top
プロフィール

管理人テラ。

  • Author:管理人テラ。
  • タロ~を応援するページです。
    タロちゃんのおフランスレポートを載せます。
    応援メッセージなど書き込んで下さい!!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。