タログぅ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

コトバのお話。

海外に行くときに、コトバが通じないというのはとても大きな不安要素になるわけでして、とは言いつつも日常生活でコトバが通じなくても多少淋しい感じになるくらいで何とかなってしまうものですが、仕事となりますとそういうわけにもいかず、情報を受け取ったり伝えたり出来ないと思うように仕事が出来ず、これまで以上にコトバの力の重要性を感じている小林(来年三十路)の話です。

これまでいろんな国に行ってはしゃぎまわってる小林ですが、この韓国ではこれまでにないコトバの壁に阻まれ、思うようにはしゃげずに壁を見上げていたりします。基本的に小林は荒削りな英語でコリアンピーポーと会話しますが、仕事で真剣だったり必死だったり試行錯誤してたりすると、コリアン人々は韓国語で会話したりします。あるいは、何気なく韓国語で話している話の中に大事な情報が飛び交っていたりして、小林はその情報を聞かずに仕事の重要なポイントをはっきり認識できていなかったりします。
コリアン方々が韓国語を話すとき、小林はじぃ?っと身振り手振りを凝視し、ときおり入り混じる英語や知っている言葉を拾い集めながら話の内容をうかがい、「ここ大事!!」って思ったところでスキを見つけて英語「もしもし?」っと尋ねます。しかし、やはり、これでは足りないんです、コミュニケーションが。忙しくてじっくり話をする時間がなかなか無いと感じるんですが、それでもやはり、小林はもっと積極的に煙たいくらいにコミュニケーションの時間をとるように努めねばなりませぬ。いわんや、このテストパイロットといふ仕事には、感じたことや考えをデザイナーや他のパイロット達と伝え合い、話し合う作業がとっっっっても大事です。今年がテスパ(テストパイロット)一年生の小林は、なおさらセンパイロット(先輩パイロット)と会話し、学ばなければなりませぬ。
今の小林にとって、コトバは、韓国語は、そして英語も、とってもとってもとっても大切で必要なんです。

下を向いていれば壁に頭を強打。どうせ強打するなら上を向いてあごを強打!!

やりたい放題やってきて、いろんな人に助けてもらって、やっと見つけた自分らしい道です。困難はワクワクするためにあるのです。小林は、これからさらにはしゃいで参ります!

メールをまとめ?る。他の無料メールもプロバイダーメールも。
http://windows7.jp.msn.com/master/hm-popaggre/default.htm
スポンサーサイト
    21:26 | Comment : 1 | Top
Comment
2010.02.26 Fri 22:59  |  maria #-
私は去年下を向いて強打しました。

違う強打もあったんですね、ありがとうございます。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
プロフィール

管理人テラ。

  • Author:管理人テラ。
  • タロ~を応援するページです。
    タロちゃんのおフランスレポートを載せます。
    応援メッセージなど書き込んで下さい!!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。